坂本澄子の絵画作品サイト

重なり合う風景

メルマガ登録はコチラ

2023.1.7

ブログ

年末年始に気分が上がったモノたち

こんにちは、坂本澄子です。

今年もよろしくお願いいたします。

どんな年末年始をお過ごしでしたか。

私は家族でおせちを食べて、ゲームをして、そしてもちろん絵も描いて、ゆっくり過ごしました。

そして、ちょっとした買い物も。

今日は年末年始に気分が上がったモノたちをご紹介します。

まず最初がこちら。

千代紙の衣装をまとった可愛らしい缶
中には亀の形をしたあられ

帰省した娘が持ってきてくれた京都崇禅のあられです。

パッケージを見て「かわい〜い」、そして中を開けてもう一度胸キュンです。

亀の形をした一粒3cmほどのあられ!

中はきれいな空洞になっており、薄くて軽い食感。

おめでたさを味わいながらいただきました。

そして、お次は冷酒グラス。

氷晶のようにキラキラと煌めくガラスに、桝は檜のいい香りがします。

お店でやってくれるようになみなみと溢れさせて、おせちと一緒にいただきました。

お酒は日本橋のはせがわ酒店(トレーニングに行くときに発見)で、ずらりと並んだ日本酒の中から迷いに迷って3本を選びました。

そのうちの一本、山形の「上喜元」の純米吟醸が、個人的には一番でした。

そして最後に最も気分を上げてくれたのが、こちらのガラスペンです。

早速、二人展の案内状の宛名書きに使っています

前からずっとほしかったんですよね〜。

伊東屋(銀座のステイショナリーショップ。あえて文具店ではなく)で見て「一本一万円か…」とため息。

実際に使ってみないとわからないので、一万円はちょっと冒険ですよね。

ところが近所の丸善でこんなのを見つけました。

青空のようなインクがセットになったガラスペンのキット、いわゆる付録本です。

一目見て、青色大好きの私は完全にズキューーーーーン。

ガラスのペン先をインクに浸すと、先の螺旋状の溝にインクが溜まって、それで書けるというわけです。

スラスラと書きやすく、「これで2000円なんて!」と気分は萌え萌え。

水色のインクで案内ハガキが届いたら、「あ、あれね」と笑ってください。

ささやかなものばかりですが、実用一辺倒ではないモノに惹かれる今日この頃です。

皆様は最近どんなもので気分が上がりましたか?

関連記事