坂本澄子の絵画作品サイト

重なり合う風景

メルマガ登録はコチラ

NEWS

ART WORK

6つのカテゴリーで作品をご紹介します。
(ご購入は作品詳細ページからお問い合わせ下さい)

01 時空を超えて

異なる時空間を共存させたり、
見る角度を変えてみたり、様々な試みをしています。
すると、見慣れた景色のすぐ隣に
別の世界が広がっているように思えるのです。

『明け方の夢』

もうずいぶん前のことですが、お堀端の木に白い鳥たちが何羽も眠っているのを見ました。

技法 アクリル
サイズ F20 (61x73cm)
制作年 2021
詳細を見る

『水の惑星2021』

外から地球を眺められるのも、そう遠いことではないかもしれません。いつまでも美しい青い星であってほしいですね。

技法 アクリル
サイズ F10 (53x46cm)
制作年 2021
詳細を見る

『都会の桃源郷』

防災放水路の巨大水槽(通称「地下宮殿」)に、川の魚や池の鯉が流されてきたら。

技法 アクリル
サイズ F8 (46x38cm)
制作年 2021
詳細を見る

『Prismatic Hours』

光のベールに投影された夢の世界や宇宙へのつながりなど、異次元を共存させる試みをしました。

技法 油彩, アクリル
サイズ F20 (61x73cm)
制作年 2021
詳細を見る

『アンモナイトの夢』

「ル・サロン2021」入選作品。悠久の時の流れと人の一生を描きました。

技法 油彩, アルキド樹脂
サイズ F50 (91x116cm)
制作年 2020
詳細を見る

『生命の樹』

いつもの公園。何気ない日常の中にも、未知の世界との接点があるように思えるのです。

技法 アクリル
サイズ F100 (162x130cm)
制作年 2020
詳細を見る

『未来へ』

一枚の絵に、過去、現在、そして想像の未来を描きました。

技法 アクリル
サイズ F8 (46x38cm)
制作年 2020
詳細を見る

『夢見るキリンたち』

見上げた先には一体何があるのだろうと想像してみると、こんな絵ができあがりました。

技法 アクリル
サイズ P20 (73x53cm)
制作年 2019
詳細を見る

『Another World I』

第44回現代童画展「奨励賞」東京とバリ島、2つの異なる時空間を1つの絵にしました。

技法 アクリル
サイズ S50 (116x116cm)
制作年 2018
詳細を見る

『Another World II』

第44回現代童画展「奨励賞」。地上から見上げる空と宇宙から眺める宙を描きました。

技法 アクリル
サイズ S50 (116x116cm)
制作年 2018
詳細を見る

『水の惑星』

第103回二科展出展作品。美しい水の惑星「地球」と宇宙の無限の広がりを感じながら描きました。

技法 アクリル
サイズ F100 (162x130cm)
制作年 2018
詳細を見る

『水の惑星 – 月の世界へ』

宇宙の中の地球。グレーをかけた夜の風景に、月と東京タワーを際立たせました。

技法 アクリル
サイズ F10 (53x45cm)
制作年 2018
詳細を見る

『水の惑星 – 外宇宙への飛翔』

未来に向かいたゆまぬ努力を続ける人の世界を描きつつも、人智の及ばぬ宇宙の摂理を感じています。

技法 アクリル
サイズ S8 (46x46cm)
制作年 2018
詳細を見る

『空を見上げて』

日常の見慣れた風景も見かたを変えると、別の世界が見えてきます。

技法 アクリル
サイズ F50 (116x91cm)
制作年 2016
詳細を見る

『未来への軌跡』

第101回二科展出展作品。一枚の絵に異なる時空間を共存させる試みをしました。

技法 アクリル
サイズ F100 (130x162cm)
制作年 2016
詳細を見る

『My town, my planet』

第42回現代童画展「新人賞」受賞作品。見慣れた日常の風景も宇宙につながっています。

技法 アクリル
サイズ F50 (116x91cm)
制作年 2016
詳細を見る

『春のあしおと』

少女からおとなへと成長していく希望と戸惑いを、夜明けの風景の中に描きました。

技法 アクリル
サイズ F50 (116x91cm)
制作年 2015
詳細を見る

『世界に繋がる窓』

第100回記念二科展 入選作品。つらい経験がきっかけとなり新たな道が開けることがあるのですね。

技法 アクリル
サイズ F80(112x145cm)
制作年 2015
詳細を見る

02 バリ島に見せられて

やさしくてどこか懐かしい。
バリ島の風景はいつも私に
新たなインスピレーションを与えてくれます。

『南の海の妖精たち2020』

『南の海の妖精たち』を小さなサイズで描きました。

技法 アクリル
サイズ F8 (46x38cm)
制作年 2020
詳細を見る

『南の海の妖精』

水族館の展示から着想し、海藻と無邪気に戯れる南の海の妖精たちを描きました。

技法 アクリル
サイズ F100 (162x130cm)
制作年 2019
詳細を見る

『扉の向こう』

バリ島でよく見かける美しい扉。その向こうには別の世界が広がっているように感じました。

技法 アクリル
サイズ F100 (162x130cm)
制作年 2019
詳細を見る

『扉の向こう〜月光』

扉を挟んで、澄んだ冷たい空気と熱帯の濃密な空気の対比を描きました。

技法 油彩、アクリル
サイズ F80 (145x112cm)
制作年 2019
詳細を見る

『扉の向こう〜微風』

ある日、扉の向こうから不思議なそよ風が吹いてきて。

技法 アクリル
サイズ F80 (145x112cm)
制作年 2019
詳細を見る

『ウブドの思い出』

スコールの後、雲間から光が差し始め、水田の水面に空が映った瞬間を描きました。

技法 アクリル
サイズ F4 (24x33cm)
制作年 2018
詳細を見る

『Crossover』

バリ島の絵を扱う私は、脳内で東京とバリを常に行ったり来たりしています。

技法 アクリル
サイズ F100 (130x162cm)
制作年 2017
詳細を見る

『夢』

絵の世界から蝶や植物が張り出して、夢と現実との境界を曖昧にしていきました。

技法 アクリル
サイズ 100x150cm
制作年 2015
詳細を見る

03 自然への讃歌

空、大地、海、樹...
自然はいつも慰めと力を与えてくれます。
特に夜の幻想的な風景は
何度でも描きたくなるテーマの一つです。
見慣れた風景が別の顔をのぞかせます。

『千年の孤独』

千年もの間発見されないまま朽ち果てた遺跡。月だけがその孤独な姿を見守っていたのかも知れません。

技法 油彩, アクリル
サイズ F100 (162x130cm)
制作年 2021
詳細を見る

『奏 II』

「ル・サロン2022」入選作品

技法 油彩, アクリル
サイズ F30 (91x73cm)
制作年 2021
詳細を見る

『月の贈り物』

古今、桜の名画はたくさんあります。自分にしか描けない桜にしたいと思いました。

技法 アクリル
サイズ F30 (91x73cm)
制作年 2021
詳細を見る

『奏 – かなで』

一枚の写真からインスピレーションを得た作品です。

技法 アクリル
サイズ F8 (46x38cm)
制作年 2021
詳細を見る

『ケンのいた春』

日常の中にこそ宝物のような風景がある。そのことを教えてくれた愛犬に捧げます。

技法 アクリル
サイズ F80 (145x112cm)
制作年 2021
詳細を見る

『秋彼岸の頃』

生命に対する強い憧れ、讃美の気持ちを表現しました。

技法 アクリル
サイズ F80 (145x112cm)
制作年 2021
詳細を見る

『夏草』

夏も終わりに近づくと、無性に夏が恋しくなりませんか。

技法 アクリル
サイズ F8 (38x46cm)
制作年 2019
詳細を見る

『星降る夜に』

背筋をピンと伸ばして歩いていきなさいと、ポンと背中を押された気がしました。

技法 油彩
サイズ F10 (53x45cm)
制作年 2017
詳細を見る

『往く春』

それぞれには足りないところがあっても、寄り添い、補いあうことでより強く美しくなる。人も同じだと思いました。

技法 アクリル
サイズ F100 (130x162cm)
制作年 2013
詳細を見る

『同じ月を』

昔この着物を着ていた女性も、いまの私と同じように月を見上げていたのではないでしょうか。

技法 アクリル
サイズ F8 (45x38cm)
制作年 2018
詳細を見る

『待宵の月』

大切な人を待つ宵の長さを、月を待つ気持ちになぞらえました。

技法 アクリル、パステル
サイズ 38x54cm
制作年 2012
詳細を見る

『きらきら』

色づいた街路樹が西日に照らされて、金貨のようにキラキラと光ってみえました。

技法 パステル
サイズ F50 (116x91cm)
制作年 2012
詳細を見る

『ミモザの月夜』

アトリエ近くの公園に立派なミモザの木がありました。夜目にも鮮やかな黄色が印象的でした。

技法 パステル
サイズ 76x54cm
制作年 2011
詳細を見る

04 花・花・花・

大切な方から送られた花束が
ずっと美しいままだったら…。
そんな願いにお応えして、
花束を絵で残すご注文制作をお受けしています。

『遠い夏の思い出』

この作品は中学生の頃に奈良の叔母の家で過ごした、日本の夏をイメージして描きました。

技法 アクリル
サイズ F10 (46x53cm)
制作年 2021
詳細を見る

『日曜の午後に』

赤い花のあるエキゾチックな空間に、しばし逃避行。

技法 アクリル
サイズ 54x38cm
制作年 2016
詳細を見る

『心の花束』

お祝いの花束。送ってくれた人々の暖かい気持ちを形に残したいと思いました。

技法 アクリル
サイズ 18x24cm
制作年 2017
詳細を見る

『虹色の薔薇』

虹色に輝く星屑を糧に、宇宙に気高く咲く花

技法 アクリル、パステル
サイズ 54x38cm
制作年 2015
詳細を見る

05 お客様と創った作品

お客様から題材をいただき、
ご一緒に創り上げた作品です。
その過程は私にとって何よりも大切な時間です。

『遥かな大地』

転機に挑む決意を絵にしたほしいと、ご依頼を受けて描いた作品。

技法 油彩
サイズ F10 (45x53cm)
制作年 2019
詳細を見る

『月明かりの夜』

天に想いを馳せ、月に憧れる蓮の物語を描きました。

技法 アクリル
サイズ 173x150cm
制作年 2018
詳細を見る

『小さな手』

看護師専門の派遣会社の社長に就任された記念に描かせていただきました。

技法 アクリル
サイズ F3 (27x22cm)
制作年 2018
詳細を見る

『つながる未来』

これはある意味その方の肖像画だと思います。

技法 アクリル
サイズ F4 (24x33cm)
制作年 2018
詳細を見る

06 小さな作品

ハガキよりも一回り大きな
F0キャンバスに描きました。
作品は同じサイズですので、
額縁の中身を入れ替えて季節を楽しめます。

『桜』

生きるものにはすべて終わりがあり、最後の日まで命を輝かせたい。そう願いながら散りゆく桜を描きました。

技法 アクリル
サイズ F0 (18x14cm)
制作年 2021
詳細を見る

『秋の散歩道』

雨が染み込んだ模様の石タイルの舗道と色づいた葉っぱ。秋のひととき。

技法 アクリル
サイズ F0 (18x14cm)
制作年 2019
詳細を見る

『冬の華』

厳しい寒さの中にあって、どこか暖かみを感じる風景を描きたいと思いました。

技法 アクリル
サイズ F0 (18x14cm)
制作年 2018
詳細を見る

『彩 – いろどり』

冬の日に出会った、美しく彩られた葉っぱたち

技法 アクリル
サイズ F0 (18x14cm)
制作年 2019
詳細を見る

『揺れる水面』

風が蓮池を渡ると、水面に映った月が踊るように見えました

技法 アクリル
サイズ F0 (18x14cm)
制作年 2019
詳細を見る

『蓮と月』

月のあまりの美しさに、蓮の花が眠りから目を覚ましました

技法 アクリル
サイズ SM (23x16cm)
制作年 2018
詳細を見る

『紫陽花』

母の生けてくれた庭のあじさいを描きました。

技法 アクリル
サイズ F0 (18x14cm)
制作年 2019
詳細を見る