坂本澄子の絵画作品サイト

重なり合う風景

メルマガ登録はコチラ

2022.9.13

嫁いだ作品

飾りたかった桜の絵

『月の贈り物 – version U』2021/12月納品 『お喋りな貴婦人』2022/3月納品

『Uさまへ 月の贈り物』 6号

<千葉県K.U.さまからのメッセージ>

前から桜の絵を飾りたいと思っていました。

『月の贈り物』を見て、宇宙の星に咲いている桜という思いもよらない

とてもファンタジックなストーリーに魅力を感じました。

それとパステル系の不思議な宇宙草たちをはじめ、空間や桜全ての色使いが自分の好みと一致した絵でした。

まだあります。

「1作目より小さいサイズで」というお願いを心よく引き受けて下さり感謝しています。

額もいっしょに選ばせていただき、満足度120%でした。

毎晩見て心穏やかになっています。

寝室に飾っていただきました。カーテンともぴったり

そして、もう一点。

好きな絵に囲まれた生活に憧れています。

バラがいっぱい寄り添って楽しそうにおしゃべりをしている。色使いも好み。

こんな事を思ってこの絵を購入しました。

さて飾る場所は? 

愛猫そらちゃんも加わりなごみの空間に

一日の中で家族の目に一番留まる所が良いと思って、食卓から見える所にしました。

食事中も『お喋りな貴婦人』が視界に。最高に幸せです。

坂本澄子さんのサイト「重なりあう風景」はよく見ています。

その理由は心が落ち着き、心が豊かになり、そして生活を楽しくしてくれるからでしょうか。


<坂本澄子より>

温かいお言葉、本当にありがとうございます。

思えば、Uさまとお会いしてから9年。バリ絵画の展示会を見にきてくださったのが始まりでした。

そして、私の初めての個展『一足早いお花見』@銀座・ギャラリーロンドにも来てくださいましたね。

『往く春』2013 100号

もしかして、あの時から桜の絵のことがお心にあったのでしょうか。

『月の贈り物』は背景をどうするかで随分悩みました。

普通の公園にある桜よりも、宇宙に一人ぼっちの桜の方が、「重なりあう風景」に相応しい気がしました。

そのファンタジー性がパリでも評価されたので、思い切ってよかったのかなと思います。

『月の贈り物』は3点描きましたが、構図は同じでもご依頼主に似てそれぞれに雰囲気が違います。

フランスの長女 (30号)
Version U 次女(6号)
大阪へ嫁いだ三女 (30号)

Uさまバージョンは宇宙草が鮮やかで、桜も一番笑顔に仕上がりました。

ご職業柄もあるかも知れませんが、私の中のUさまは、子どもたちに囲まれていつも笑っておられるイメージなんですよね。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事